NetBeans の JDK は netbeans.conf で設定する


f:id:Naotsugu:20180116123100p:plain

単なるメモ。

JDKの設定

NetBeans自身の JDK は以下の定義ファイルで変更する。

C:\Program Files\NetBeans 8.0.2\etc\netbeans.conf

# Default location of JDK:
# (set by installer or commented out if launcher should decide)
#
# It can be overridden on command line by using --jdkhome <dir>
# Be careful when changing jdkhome.
# There are two NetBeans launchers for Windows (32-bit and 64-bit) and
# installer points to one of those in the NetBeans application shortcut 
# based on the Java version selected at installation time.
#
netbeans_jdkhome="C:\Program Files\Java\jdk1.8.X_XX"

ここで設定したものは、ツール -> Java プラットフォーム・マネージャのデフォルトJDKとなる。

一時的な変更

一時的に変える場合は以下のようにコマンドライン引数で変更することもできる。

Windows

netbeans.exe --jdkhome "C:\Program Files\jdk1.6.X_XX"

*nix

netbeans --jdkhome /usr/bin/jdk1.6.X_XX