2017年夏 Siera クリーンインストール直後の作業


etc9.hatenablog.com

ということで、クリーンインストール直後の作業をメモしておく。

キーリピート

システム環境設定の最速では遅すぎるので変更。

現在値の表示

defaults read -g KeyRepeat
defaults read -g InitialKeyRepeat

設定変更

defaults write -g KeyRepeat -int 1
defaults write -g InitialKeyRepeat -int 10

デフォルトに戻すには

defaults delete -g KeyRepeat
defaults delete -g InitialKeyRepeat

キーマップ

キーボードは外付けの US配列なので変えないとつらい。 CapsLock は Command に変えて、スペースバーの左右はIME切り替えにする。

最近になり使えるようになってきた Karabiner Elements で変更。 Karabiner Elements のインストーラ落として普通に入れる(0.91.6だった)。

キー US配列上 変更後
caps lock(⇪) CapsLock Command (⌘)
右Option (⌥) Alt かなキー
左Option (⌥) Alt 英数キー
Command (⌘) Win Option (⌥)
Control (⌃) Ctrl Ctrl
Shift (⇧) Shift Shift (⇧)

f:id:Naotsugu:20170713232313p:plain

f:id:Naotsugu:20170713232446p:plain

Home キー「command」+「←」、End キーで「command」+「→」に変えたかったが、Karabiner Elements ではまだできないようなので我慢。

その他の設定

Finderでパスバー表示

defaults write com.apple.finder ShowPathbar -bool true

タイトルバーにフルパスを表示したい場合は以下でできるけど見やすいものでもない。

defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -bool true

ネットワークドライブには.DS_Store を作らない

defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores -bool true

起動音は小さめに

sudo nvram SystemAudioVolume=%05

拡張子を表示

defaults write NSGlobalDomain AppleShowAllExtensions -bool true

隠しファイルを表示は「Command」 + 「Shift」 + 「.」 で切り替えできるけど、固定することもできる。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -bool true

フォルダ名の日本語表示をやめる

$ rm ~/Downloads/.localized | rm ~/Documents/.localized | rm ~/Applications/.localized | rm ~/Desktop/.localized | rm ~/Library/.localized | rm ~/Movies/.localized | rm ~/Pictures/.localized | rm ~/Music/.localized | rm ~/Public/.localized

設定後に Finder 再起動

$ killall Finder

入力ソースは最低限に

f:id:Naotsugu:20170713234733p:plain

Homebrew

まずは、Homebrew を入れる。

xcode コマンドラインツールが必要なので、最初にターミナル開いて以下。

$ xcode-select --install

f:id:Naotsugu:20170711231210p:plain

インストール 押してライセンス同意するとインストール開始。

Homebrew のインストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

こんな感じでインストール完了。

==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  http://docs.brew.sh/Analytics.html

==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation: 
    http://docs.brew.sh

JDK

brew cask は楽だけど、いろいろと問題になることがあるので、インストーラを落として普通にインストール。

cask 使う場合は以下のようになる。

$ brew update
$ brew cask info java
java: 1.8.0_131-b11,d54c1d3a095b4ff2b6607d096fa80163
$ brew cask install java

$ java -version
java version "1.8.0_131"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_131-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.131-b11, mixed mode)

Gradle

Gradle は brew で入れる。

$ brew install gradle
$ gradle -v
------------------------------------------------------------
Gradle 4.0.1
------------------------------------------------------------

Build time:   2017-07-07 14:02:41 UTC
Revision:     38e5dc0f772daecca1d2681885d3d85414eb6826

Groovy:       2.4.11
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.9.6 compiled on June 29 2015
JVM:          1.8.0_131 (Oracle Corporation 25.131-b11)
OS:           Mac OS X 10.12.5 x86_64

4系になってた。

その他

  • Chrome
  • Firefox
  • Goolle日本語入力
  • iterm2
  • Sublime Text
  • IntelliJ IDEA 2017.2(Early Access Program 版)

使わないけど、cask だと以下。

$ brew cask info google-chrome
$ brew cask install firefox
$ brew cask install google-japanese-ime
$ brew cask install iterm2
$ brew cask install sublime-text
$ brew cask install intellij-idea-ce

ひとまずこんなもんで、あとは都度入れよう。