Amazon RDS(Oracle) の rdsadmin パッケージ


f:id:Naotsugu:20170202232035p:plain

RDS はマネージド・サービスなので、OSにログインしたり、sysdba でDBに接続することはできない。

その代わり rdsadmin という PL/SQLパッケージで必要な操作ができるようになっている。

よく使いそうなものは以下かなぁ。

Oracle RDS
セッションの強制終了
alter system kill session ‘sid, serial#’ IMMEDIATE;
exec rdsadmin.rdsadmin_util.kill(sid, serial#, ‘IMMEDIATE’);
共有プールのフラッシュ
alter system flush shared_pool;
exec rdsadmin.rdsadmin_util.flush_shared_pool;
バッファキャッシュのフラッシュ
alter system flush buffer_cache;
exec rdsadmin.rdsadmin_util.flush_buffer_cache;
デフォルト永続表領域の変更
alter database default tablespace users2;
exec rdsadmin.rdsadmin_util.alter_default_tablespace(‘users2’);
デフォルト一時表領域の変更
alter database default temporary tablespace temp2;
exec rdsadmin.rdsadmin_util.alter_default_temp_tablespace(‘temp2’);
タイムゾーン変更
alter database set time_zone = ‘+3:00’;
exec rdsadmin.rdsadmin_util.alter_db_time_zone(‘+3:00’);
ディレクトリリスト select * from table( RDSADMIN.RDS_FILE_UTIL.LISTDIR( ‘DATA_PUMP_DIR’) );
テキストファイル読み込み select * from table( RDSADMIN.RDS_FILE_UTIL.READ_TEXT_FILE( ‘DATA_PUMP_DIR’,‘filename.log’) );