読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来を感じずにはいられないクラウドIDE 〜Cloud9〜 Java開発編

Java etc

f:id:Naotsugu:20160718002023p:plain

前回は Cloud9 の導入方法を見てきました。

etc9.hatenablog.com

今回は Cloud9 IDE による Java 開発について見ていきましょう。


Cloud9 IDE の言語サポートは、今のところ PHP, Ruby, Python, JavaScript(Node), Go が手厚くなっています。 Java 向けサポートはまだまだですが、使えないことはありません。

ワークスペースの作成

ワークスペースのテンプレートは用意されていないので、空のテンプレートを選択します。

f:id:Naotsugu:20160718011540p:plain

ワークスペースが作成されました。

f:id:Naotsugu:20160718011617p:plain

JDK のインストール

現時点では、java 7 のランタイムはデフォルトでインストール済みですが、JDKは入っていないためインストールする必要があります。今回は JDK8 を入れてみます。

事前確認として、ディストリビューションを確認します。

下部のターミナルにて

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.3 LTS"

Ubuntu 14.04.3 LTS となっていますね。


Ubuntu 14.04.3 LTSの場合は JDK8 をインストールするためにリポジトリを追加してから apt-get install します。

$ sudo add-apt-repository ppa:openjdk-r/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install openjdk-8-jdk

JDK の設定

インストールできたら利用するVMの設定を行います。

$ sudo update-alternatives --config java

以下のように表示されます。

There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).

  Selection    Path                                            Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/jre/bin/java   1071      auto mode
  1            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/jre/bin/java   1071      manual mode
  2            /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/jre/bin/java   1069      manual mode

Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 

2 番を選択してJava8を有効にします。

コンパイラは先程入れた JDK8 だけなので変更の必要はないと思いますが、必要であれば以下で設定します。

$ sudo update-alternatives --config javac

バージョンを確認しておきましょう。

$ java -version
openjdk version "1.8.0_91"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_91-8u91-b14-0ubuntu4~14.04-b14)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.91-b14, mixed mode)

$ javac -version
javac 1.8.0_91

Hello World

左端のワークスペースを右クリックするとコンテキストメニューが表示されます。src フォルダと Main クラスを作成します。

f:id:Naotsugu:20160718013230p:plain

「Run」-「Runwith」-「Java(workspace)」と選択します。

f:id:Naotsugu:20160718013531p:plain

Runner タブが表示され、「Hello World!」が出力されます。

f:id:Naotsugu:20160718013548p:plain

Gradle の導入

デフォルトのビルドだけだとしんどいので Gradleを入れます。

wget して展開。

$ cd ~
$ wget https://services.gradle.org/distributions/gradle-2.14-bin.zip
$ unzip gradle-2.14-bin.zip
$ rm -f gradle-2.14-bin.zip

パスを通します。

$ echo 'GRADLE_HOME=~/gradle-2.14' >> ~/.profile
$ echo 'PATH=$GRADLE_HOME/bin:$PATH' >> ~/.profile
$ source ~/.profile

Gradle の init タスクでプロジェクト作成します。

$ cd workspace
$ gradle init --type java-library

雛形ファイルが出来てますね。

f:id:Naotsugu:20160718014444p:plain

テストを実行してみましょう。

$ ./gradlew clean test

成功です。

f:id:Naotsugu:20160718014718p:plain

まとめ

Cloud9 で Java 開発環境を作成してみました。普通の Ubuntu で作業するのと同じなので、特に難しいことはありません。

IDE 上の作業は、ある程度の補完や定義へのジャンプなどは機能するため、ちょっとした用途には使えますが、本格的な開発にはまだまだといった感じです。

次回は、Java サポートがより手厚い Eclipse Che が使える Codenvy を簡単に紹介したいと思います。