読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello Kotlin with Gradle


f:id:Naotsugu:20150502164325p:plain

Gradle で Kotlin 始める導入手順です。

Kotlin の Gradle プラグインは今のところ https://plugins.gradle.org に登録されていないので以下のようには書けません。

plugins {
  id "org.jetbrains.kotlin.kotlin" version "0.11.91.2"
}

buildscript でクラスパスを指定します。

buildscript {
  repositories {
    mavenCentral()
  }
  dependencies {
    classpath 'org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:0.11.91.2'
  }
}

apply plugin: 'kotlin'

Hello Kotlin

パッケージを example として関数定義します。

Main.kt
package example 
 
fun main(args : Array<String>) { 
  println("Hello Kotlin!!") 
}

Kotlin ではクラス定義なしで main 関数を定義できます。

Gradle で扱う場合でも、Kotlin のソースは、Javaファイルと同じディレクトリに共存できます(M11での変更点)。


ビルドスクリプトは以下のようになります。

build.gradle
buildscript {
  repositories {
    mavenCentral()
  }
  dependencies {
    classpath 'org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:0.11.91.2'
  }
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'kotlin'
apply plugin: 'application'

sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

repositories {
  mavenCentral()
}

dependencies {
  compile 'org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:0.11.91.2'
}

mainClassName = "example.ExamplePackage"

エントリポイントのクラスはJavaから見るとパッケージ名+Package というクラスになるので、example.ExamplePackage をメインクラスとして指定します。

実行

アプリケーションプラグインで実行します。

$ gradle run
:compileKotlin UP-TO-DATE
:compileJava UP-TO-DATE
:processResources UP-TO-DATE
:classes UP-TO-DATE
:run
Hello Kotlin!!

BUILD SUCCESSFUL

以上で終わりです。

Kotlin プラグイン

さみしいので、ついでに Intellij への Kotlin プラグイン導入手順を、、

Preferences から

f:id:Naotsugu:20150502173754p:plain

Kotlin プラグイン選んで、

f:id:Naotsugu:20150502173806p:plain

再起動。

プロジェクト作成

f:id:Naotsugu:20150502174000p:plain

ランタイムライブラリを指定して、

f:id:Naotsugu:20150502174014p:plain

Kotlin ファイル作ればよろし。

f:id:Naotsugu:20150502174033p:plain

参考

3年前の記事ですが、少しぐらいは参考になるかも。

初めてのコトリン 〜Learning Kotlin〜 その1 - A Memorandum

初めてのコトリン 〜9分ぐらいで文法編〜 その2 - A Memorandum