読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リッチな UI を Java だけで構築する Vaadin をちょっと試す〜その1〜


Vaadin とは

リッチなUIをJavaだけで構築するフレームワークです。JavaScript や HTML さえ記述することなく、Swing アプリケーションを作成するノリで、RIA を構築することができます。本家での紹介をまとめると、

  • 複雑な設定や JavaScript なしで Rich Internet Applications が素早く作成できる
  • サーバーサイドコードで Java の柔軟性を損ねない
  • GWT ベースのウィジェットであり、多くのブラウザをサポート
  • 見栄えのよい魅力的なWebアプリケーションが作成でき、豊富なUIがある
  • 保守性が高く、変更に強いアプリケーションが構築できる

http://vaadin.com/home

プロジェクトの作成

Vaadin は Eclipse のプラグインとして公開されており、更新サイトより簡単に導入可能です。Eclipse IDE for Java EE Developers が必要です。ここでは Helios (3.6) 使うことにします。

  • アップデートサイトに http://vaadin.com/eclipse/ を指定
  • Vaddinを選択してインストール
  • Eclipse の再起動
  • File → New → Project とたどり、"Vaadin Project" を選択
  • Target runtime として Tomcat 6.0 を選択(インストールされていない場合は、一度動的Webプロジェクトのウイザードで新しいRuntimeを選択すると選べるようになる)
  • Vaadin version 6.4.4 を選択(初回は Download... にて jar を落とす)
  • Finish 押下し JavaEE パースペクティブを選択

プロジェクトの初期状態

ウィザード終了直後にはプロジェクトが以下の構成で作成されます。


この状態で、Run As → Run on Server とすることで、アプリケーションが実行可能な状態となっています。コンテキストルートはプロジェクト名です。起動後の画面は以下のようになります。

アプリケーションコード

ウィザードにより作成された初期ソースは以下のようになっています。これだけで、HTMLのテンプレートやJavaScriptのソースは一切ありません。

import com.vaadin.Application;
import com.vaadin.ui.*;

public class VaadinApplication extends Application {
    @Override public void init() {
        Window mainWindow = new Window("Vaadin Application");
        Label label = new Label("Hello Vaadin user");
        mainWindow.addComponent(label);
        setMainWindow(mainWindow);
    }
}

イベント処理の追加

テキストフィールドとボタンを追加してみます。ボタンにはクリックイベントとして、テキストフィールドの内容をラベルに設定してみます。

import com.vaadin.Application;
import com.vaadin.ui.*;
import com.vaadin.ui.Button.ClickEvent;
import com.vaadin.ui.Button.ClickListener;

public class VaadinApplication extends Application {
    @Override
    public void init() {
        Window mainWindow = new Window("Vaadin Application");
        final Label label = new Label("Input text");
        mainWindow.addComponent(label);
        
        final TextField textField = new TextField();
        final Button button = new Button("クリック");
        mainWindow.addComponent(textField);
        mainWindow.addComponent(button);
        setMainWindow(mainWindow);
        
        button.addListener(new ClickListener() {
            @Override
            public void buttonClick(ClickEvent event) {
                label.setValue(textField.getValue());
            }
        });
    }
}


コードを修正したら、URLに「/?restartApplication」をつけてアクセスすると、修正が反映されるようになります。
実行結果は以下のようになります。Swing を触ったことが有れば特に迷いはないかと思います。

サブウィンドウ

サブウィンドウを作成してみます。想像通りのコーディングで対応できます。

import com.vaadin.Application;
import com.vaadin.ui.*;
import com.vaadin.ui.Button.ClickEvent;
import com.vaadin.ui.Button.ClickListener;

public class VaadinApplication extends Application {
    @Override
    public void init() {
        Window mainWindow = new Window("Vaadin Application");
        final Button button = new Button("クリック");
        mainWindow.addComponent(button);
        setMainWindow(mainWindow);
        
        button.addListener(new ClickListener() {
            @Override
            public void buttonClick(ClickEvent event) {
                getMainWindow().addWindow(new SubWindow());
            }
        });
    }
    
    class SubWindow extends Window {
        SubWindow() {
            setCaption("Sub Window");
            setModal(true);
            addComponent(new Label("Hello!!"));
        }
    }
}


実行結果は以下のようになります。

アドオンでさらにリッチに

Vaadin ではアドオンにてさらにリッチなUIが実現できます。本家で公開されているVisualizationsForVaadin を試してみます。以下からアドオンをダウンロードして、WEB-INF/lib に配備します。
http://vaadin.com/directory#addon/visualizationsforvaadin


VisualizationsForVaadin では gwt-visualization.jar が必要になります。以下から gwt-visualization-1.1.0.zip を落として、中に入っている gwt-visualization.jar も WEB-INF/lib に配備します。

import org.vaadin.vaadinvisualizations.BarChart;
import org.vaadin.vaadinvisualizations.VisualizationComponent;

import com.vaadin.Application;
import com.vaadin.ui.*;

public class VaadinApplication extends Application {
    @Override
    public void init() {
        Window mainWindow = new Window("Vaadin Application");
        setMainWindow(mainWindow);
        
        BarChart bc = new BarChart();
        bc.setOption("is3D", true);
                        
        bc.addXAxisLabel("Year");
        bc.addBar("Expenses");
        bc.addBar("Sales");
        bc.add("2004", new double[]{100,200});
        bc.add("2005", new double[]{75,100});
        bc.add("2006", new double[]{32,234});
        bc.add("2007", new double[]{25,2534});
        bc.add("2008", new double[]{2343,12});
        bc.setSizeFull();
        mainWindow.addWindow(createSubWindow(bc, "Bar Chart"));
    }

    private Window createSubWindow(VisualizationComponent vc, String title) {
        Window subWindow = new Window(title);
        subWindow.addComponent(vc);
        return subWindow;
    }
}


実行結果は以下のようになります。



こんなのもあります。そのた多数のチャートがあります。

import org.vaadin.vaadinvisualizations.AreaChart;
import org.vaadin.vaadinvisualizations.VisualizationComponent;

import com.vaadin.Application;
import com.vaadin.ui.*;

public class VaadinApplication extends Application {
    @Override
    public void init() {
        Window mainWindow = new Window("Vaadin Application");
        setMainWindow(mainWindow);
        
        AreaChart ac = new AreaChart();
        ac.setOption("legend", "bottom");
        ac.addXAxisLabel("Year");
        ac.addArea("Expenses");
        ac.addArea("Sales");
        ac.add("2004", new double[]{100,200});
        ac.add("2005", new double[]{75,100});
        ac.add("2006", new double[]{32,234});
        ac.add("2007", new double[]{25,2534});
        ac.add("2008", new double[]{2343,12});
        ac.setSizeFull();
        mainWindow.addWindow(createSubWindow(ac, "Area Chart"));
    }

    private Window createSubWindow(VisualizationComponent vc, String title) {
        Window subWindow = new Window(title);
        subWindow.addComponent(vc);
        return subWindow;
    }
}