読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NetNeans 6.8 で Java EE 6

Java

NetBeans 6.8 で EJB 3.1 を使用した簡単なサンプルアプリを作成。

NetBeans 6.8 のインストール

以下のサイトから NetBeans 6.8 を落としてインストールします。今回は netbeans-6.8-ml-java-windows.exe を使用しました。GlassFish 等含めてインストールされます。
http://netbeans.org/downloads/index.html

Webアプリケーションプロジェクト作成

NetBeans 6.8 を起動して新規プロジェクトを作成します。プロジェクトはWebアプリケーションを選択します。

Java EE バージョンに「Java EE 6 Web」を選択します。

フレームワークとしてJSFを選択します。

index.xhtmlを含むプロジェクトが作成されます。

「F6」にてプロジェクトを実行すると、インデックスページが表示されます。

エンティティークラスの作成

JPA を使ったエンティティークラスを作成します。新規ファイルとしてエンティティクラスを選択します。

エンティティクラスは「Message」とし、パッケージは「entities」としました。

ここで「接続性ユニットを作成...」にてJPAの接続を定義します。データソースに jdbc/sample を指定すると JavaDB が使用されます。


以下のような Entity クラスが作成されます。

package entities;

import java.io.Serializable;
import javax.persistence.Entity;
import javax.persistence.GeneratedValue;
import javax.persistence.GenerationType;
import javax.persistence.Id;

@Entity
public class Message implements Serializable {
    private static final long serialVersionUID = 1L;
    @Id
    @GeneratedValue(strategy = GenerationType.AUTO)
    private Long id;

    public Long getId() {
        return id;
    }

    public void setId(Long id) {
        this.id = id;
    }

    @Override
    public int hashCode() {
        int hash = 0;
        hash += (id != null ? id.hashCode() : 0);
        return hash;
    }

    @Override
    public boolean equals(Object object) {
        // TODO: Warning - this method won't work in the case the id fields are not set
        if (!(object instanceof Message)) {
            return false;
        }
        Message other = (Message) object;
        if ((this.id == null && other.id != null) || (this.id != null && !this.id.equals(other.id))) {
            return false;
        }
        return true;
    }

    @Override
    public String toString() {
        return "entities.Message[id=" + id + "]";
    }
}

上記設定の定義が反映された persistence.xml も同時に作成されます。

作成された Message エンティテイのフィールドとして以下を追加します。

private String message;

右クリックにて「コードを挿入...」「設定メソッドおよび取得メソッド」にてアクセッサを追加しておきます。

セッションファサードの作成

作成した Message エンティティーのステートレスセッションファサードを作成します。新規ファイルから「エンティティークラスのセッションBean」を選択します。

Message エンティティーを選択します。

「boundary」パッケージとしてセッションファサードを作成します。

MessageFacadeクラスが以下のように作成されます。CRUDやcount用のメソッドが自動生成されます。

package boundary;

import entities.Message;
import java.util.List;
import javax.ejb.Stateless;
import javax.persistence.EntityManager;
import javax.persistence.PersistenceContext;
import javax.persistence.Query;
import javax.persistence.criteria.CriteriaQuery;
import javax.persistence.criteria.Root;

@Stateless
public class MessageFacade {
    @PersistenceContext(unitName = "WebApplication1PU")
    private EntityManager em;

    public void create(Message message) {
        em.persist(message);
    }

    public void edit(Message message) {
        em.merge(message);
    }

    public void remove(Message message) {
        em.remove(em.merge(message));
    }

    public Message find(Object id) {
        return em.find(Message.class, id);
    }

    public List<Message> findAll() {
        CriteriaQuery cq = em.getCriteriaBuilder().createQuery();
        cq.select(cq.from(Message.class));
        return em.createQuery(cq).getResultList();
    }

    public List<Message> findRange(int[] range) {
        CriteriaQuery cq = em.getCriteriaBuilder().createQuery();
        cq.select(cq.from(Message.class));
        Query q = em.createQuery(cq);
        q.setMaxResults(range[1] - range[0]);
        q.setFirstResult(range[0]);
        return q.getResultList();
    }

    public int count() {
        CriteriaQuery cq = em.getCriteriaBuilder().createQuery();
        Root<Message> rt = cq.from(Message.class);
        cq.select(em.getCriteriaBuilder().count(rt));
        Query q = em.createQuery(cq);
        return ((Long) q.getSingleResult()).intValue();
    }
}

JSF管理対象Beanの作成

新規ファイルからJSF管理対象Beanを作成します。


パッケージ名を「presentation」クラス名を「MessageView」とします。

以下のソースが作成されます。

package presentation;

import javax.faces.bean.ManagedBean;
import javax.faces.bean.RequestScoped;

@ManagedBean(name="MessageView")
@RequestScoped
public class MessageView {

    public MessageView() {
    }
}


コード上で右クリックし、コード挿入、エンタープライズBean呼び出しを選択し、MessageFacadeを追加します。


MessageView で利用するMessageやpostMessageメソッドなどを以下のように追加します。

package presentation;

import boundary.MessageFacade;
import entities.Message;
import javax.ejb.EJB;
import javax.faces.bean.ManagedBean;
import javax.faces.bean.RequestScoped;

@ManagedBean(name="MessageView")
@RequestScoped
public class MessageView {
    @EJB
    private MessageFacade messageFacade;
    private Message message;

    public MessageView() {
       this.message = new Message();
    }
    public Message getMessage() {
       return message;
    }
    public int getNumberOfMessages(){
       return messageFacade.findAll().size();
    }
    public String postMessage(){
       this.messageFacade.create(message);
       return "theend";
    }
}

JSFページの作成

index.xhtml を以下のように編集します。

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8' ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
      xmlns:h="http://java.sun.com/jsf/html"
      xmlns:f="http://java.sun.com/jsf/core">
    <h:head>
        <title>Facelet Title</title>
    </h:head>
    <h:body>
    <f:view>
        <h:form>
            <h:outputLabel value="Message:"/>
            <h:inputText value="#{MessageView.message.message}"/>
            <h:commandButton action="#{MessageView.postMessage}" value="Post Message"/>
        </h:form>
    </f:view>
    </h:body>
</html>


結果ページの theend.xhtml を作成します。

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8' ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
      xmlns:h="http://java.sun.com/jsf/html">
    <h:head>
        <title>Facelet Title</title>
    </h:head>
    <h:body>
    <h:outputLabel value="Thanks! There are "/>
    <h:outputText value="#{MessageView.numberOfMessages}"/>
    <h:outputLabel value=" messages!"/>
    </h:body>
</html>

実行

「F5」にて実行してみます。


DBの中身も見てみます。サービスのデータベースにてDBに接続します。


登録した内容が永続化されているのがわかります。