読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JYaml の設定ファイル


JYaml では jyaml.yml という設定ファイルにて動作をカスタマイズできます。jyaml.yml というYAMLファイルをカレントディレクトリかクラスパスのルートディレクトリに配置しておけば勝手に読み込んでくれます。構成ファイルは以下のような内容となります。

minimalOutput: true
indentAmount: "    "
suppressWarnings: true
encoding: "ISO-8859-1"
transfers:
  company: com.blah.Company
  employee: com.blah.Employee


設定ファイルの内容は、org.ho.yaml.YamlConfig というクラスにマッピングされます。上記例ではminimalOutput にて簡易出力形式をデフォルトとして設定したり、YAMLファイルのエンコードを指定したりしています。


transfers では、タグとして company やemployee が指定された場合にマップするクラスを指定しています。これにより以下のようなyamlへのクラスのマッピング指定を

--- !com.blah.Company
・・・

以下のように指定できるようになります。

--- !company
・・・

Company クラスから YAML を生成した場合にも、company タグが使用されるようになります。