読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Reuse/Release Equivalence Principle (REP) 再利用開放等価原則

Design

再利用開放等価原則とは

リリースの単位が再利用の最小単位である。バージョン管理のトラッキングシステムを通してリリースされるコンポーネントだけが効果的に再利用することができる。この最少単位はパッケージである。

The granule of reuse is the granule of release. Only components that are eleased through a tracking system can be effectively reused. This granule is the package.


再利用の単位はリリースの単位と同一であるべきである。

The granule of reuse is the granule of release.[by Martin]

内容

個々のクラスを集めたパッケージに関する原則です。この REP は、パッケージを再利用可能にするためのシステムについて述べたものです。一般に、クラス単体は再利用可能ではありません。あるクラスは他のクラスに依存している場合がほとんどです。再利用可能にするには、クラス群をリリースする単位としてパッケージ化し、バージョン管理を行うようにすべきだ、ということです。そういうシステムがない限り再利用はうまくいかないということでしょう。


再利用の単位(パッケージ)がリリースの単位より小さくなってはいけない。パッケージに含まれる個々のクラス単位で再利用するのではなく、パッケージごと再利用できるようにすべきである。つまり、リリースはパッケージの単位で行う必要がある。また、パッケージを分割する際には、それを再利用する側の視点に立って個々のパッケージを構築すべきである。