ソフトウェア開発チームの質を評価する12の質問


ジョエル・スポルスキの著書「Joel on Software」にて紹介されているジョエル・テスト

  1. ソース管理システムを使っているか?
  2. 1オペレーションでビルドを行えるか?
  3. 毎日ビルドを行うか?
  4. 障害票データベースを持っているか?
  5. 新しいコードを書くまえにバグを修正するか?
  6. 更新可能なスケジュール表を持っているか?
  7. 仕様書を持っているか?
  8. プログラマは静かな労働環境にあるか?
  9. 買える範囲で一番良い開発ツールを使っているか?
  10. テスト担当者はいるか?
  11. プログラマを採用するときにコードを書かせるか?
  12. 「廊下での使い勝手テスト」を行っているか?

YesかNoで回答します。12点は完璧で、11点は許せる範囲だ。だが、10点以下だったら君は本当に深刻な問題を抱えていることになる。だそうです。


ほとんど読んだままですが、2点補足
『毎日ビルドを行うか?』については個々の開発者のIDEでのビルドを指しているわけではありません。統一したビルド環境で、開発者がそれぞれに作成した最新のコードがビルドされているかを聞いています。デイリービルドや継続的インテグレーションの事を指します。


『「廊下での使い勝手テスト」を行っているか?』とは、廊下を通る隣人を捕まえて、君が書いたばかりのコードを使ってみてもらうことだ。だそうです。少人数(5〜6人)でいいので、UIに関する使い勝手を試してもらえば、使い勝手の問題点を95%は知ることが出来るということです。