読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 9.04 環境構築 on Virtual Box

VirtualBox Ubuntu

Ubuntu 9.04 が出たので Virtual Box 上にインストールした。
環境構築時のメモ

ホームの日本語ディレクトリの変更

とりあえず、ホームの日本語ディレクトリが嫌なので英語に変更

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

Sun Java

とりあえずJDK入れる

$ sudo aptitude update
$ aptitude search sun-java
$ sudo aptitude install sun-java6-jdk sun-java6-source

バージョン確認

$ java -version
java version "1.6.0_13"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_13-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 11.3-b02, mixed mode, sharing)

ApacheTomcat

インストール
sudo aptitude install apache2
sudo aptitude install tomcat6 tomcat6-admin tomcat6-user tomcat6-common

Apache 動作確認「http://localhost/
Tomcat 動作確認「http://localhost:8080/

ApacheTomcat 連携

Apache Tomcat 連携のためにモジュールを有効化
最近の連携は mod_jk とか使わずに、ajp で連携します

$ sudo a2enmod proxy
$ sudo a2enmod proxy_ajp


/etc/apache2/mods-available/proxy.conf を編集
本当なら、Allow from 192.168.0.0/255.255.255.0 とかだけど一旦全て許可に・・よろしくないけど

    
        AddDefaultCharset off
        #Order deny,allow
        #Deny from all
        #Allow from .example.com
        Allow from all
    

/etc/apache2/mods-available/proxy_ajp.conf を新規作成(rootで作成)


    
        ProxyPass ajp://localhost:8009
    


/etc/tomcat6/server.xml を編集し、ajpを有効にする
以下の定義がコメントとなっているので有効にする

<!-- Define an AJP 1.3 Connector on port 8009 -->
<Connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443">
$ sudo a2enmod proxy_ajp
$ sudo /etc/init.d/apache2 restart
$ sudo /etc/init.d/tomcat6 restart

http://localhost/tomcat/」でアクセスして Tomcat の画面が出れば完了

tomcat の管理ユーザ追加

/etc/tomcat6/tomcat-users.xml にadmin,manager権限のユーザを追記


  
  
  
  
  

tomcat 再起動後「http://localhost/tomcat/manager/html」で確認(認証が入る)


Subversion

Subversion を入れて WebDAV でアクセスできるように設定

$ sudo aptitude search subversion
$ sudo aptitude install subversion subversion-tools libapache2-svn

libapache2-svnsvnapacheの連携用に必要

「/etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf」を編集 以下の内容とする


  DAV   svn     
  SVNPath /home/svn/repos
  AuthType Basic
  AuthName "Subversion Repository"
  AuthUserFile /etc/apache2/dav_svn.passwd

パスワードファイルを作成する

$ cd /etc/apache2
$ sudo htpasswd -c dav_svn.passwd svn
$ view dav_svn.passwd


リポジトリ作ってapacheからアクセスできるようオーナー変更

$ sudo mkdir /home/svn
$ sudo svnadmin create /home/svn/repos
$ sudo chown -R www-data /home/svn/

http://localhost/svn」でアクセスしてリポジトリがリビジョン0で見れれば完了

Mavenも入れる

$ aptitude search maven2
$ sudo aptitude install maven2
$ mvn -version
Maven version: 2.0.9
Java version: 1.6.0_13
OS name: "linux" version: "2.6.28-11-generic" arch: "i386" Family: "unix"

ちょっと古いけどまあいいか・

試しにプロジェクト作成して実行してみる

$ cd ~/
$ mvn archetype:create -DgroupId=com.example -DartifactId=example
$ cd example/
$ mvn package
$ java -cp target/example-1.0-SNAPSHOT.jar com.example.App
Hello World!

グローバルな設定ファイルは以下

$ ls /etc/maven2/
m2.conf  settings.xml

Hudson

CIサーバも入れときます
https://hudson.dev.java.net/からwarをダウンロードして配備

$ sudo chown root.root hudson.war
$ sudo mv hudson.war /var/lib/tomcat6/webapps/

「/usr/share/tomcat6/webapps/」ではないので注意

HUDSON_HOMEの設定

hudson ホームディレクトリの作成

$ sodo mkdir /home/hudson
$ sudo chown tomcat6:nogroup /home/hudson

/etc/default/tomcat6 を編集 以下を追加(あと、AWTのエラーが出るのでheadlessの設定も追加)

JAVA_OPTS="-DHUDSON_HOME=/home/hudson -Djava.awt.headless=true"
セキュリティマネージャーの無効化

UbuntuTomcat を apt で導入すると、tomcat のセキュリティマネージャーがデフォルトで有効になっているため動かない セキュリティマネージャーを停止する

/etc/default/tomcat6 を以下のように編集してtomcat再起動

#TOMCAT6_SECURITY=yes
 ↓
TOMCAT6_SECURITY=no

$ sudo /etc/init.d/tomcat6 restart

http://localhost:8080/hudson」でアクセスして確認