Maven2 の使い方まとめ


フェーズ

コマンド 説明
mvn validate プロジェクトの検証
mvn compile プロジェクトのコードをコンパイルする
mvn test ユニットテストの実行
mvn package コンパイルしたコードをJARなどにパッケージ化する
mvn integration-test 統合テストを実行する
mvn verify パッケージの正当性の確認
mvn install ローカルリポジトリにパッケージを格納する
mvn deploy パッケージをリモートリポジトリに反映する
mvn clean ビルドしたファイルを削除する
mvn site プロジェクトのサイトを作成する
コマンド 説明
mvn javadoc:javadoc JavaDocの作成
mvn eclipse:eclipse eclipseプロジェクトの作成

プロジェクトの作成

以下のコマンドでプロジェクトのスケルトンを作成

mvn archetype:create -DgroupId=com.example -DartifactId=sample
  • groupId にはプロジェクトのルートパッケージ名
  • artifactId にはプロジェクト名

archetypeArtifactIdを指定することで、様々なスケルトンを作成できる。Webアプリ用のスケルトンは以下のようにする

mvn archetype:create -DgroupId=com.example -DartifactId=sample
                     -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-webapp

リモートリポジトリへのインストール設定

mvn deploy

pom.xmlに以下のような設定が必要

  <distributionManagement>
    <repository>
      <id>deploy-repository</id>
      <name>deployRepository</name>
      <url>file://${env.M2_HOME}/deployRepository</url>
    </repository>
  </distributionManagement>